第4代 鍋島吉茂

(高伝寺蔵)

第4代 鍋島吉茂 なべしま・よししげ

寛文4年享保15年1664-1730)
2代藩主鍋島光茂の二男で、はじめ神代家を相続し、直利と名乗る。宝永2年(1705)、兄で3代藩主綱茂の養子となり宝永4年(1707)に家督を相続し4代佐賀藩主となる。室は神代直長娘の土(心樹院/1664-94)。財政難のなか、宝永4年に3代綱茂が造営した観頤荘(かんいそう)を破却し財政改革に取り組む。十五組の軍組織を整備し、石火矢の量産や台場築造計画など長崎警備に力を入れた。年譜類の編纂事業を行う。享保11年(1726)に火災で佐賀城が焼失。従四位下侍従丹後守に叙せられる。法名は法性院殿健巌良勇大居士。側室との子である左膳が6歳で没したことなどから、神代家当主となっていた弟の宗茂を嫡子とした。