展覧会

佐賀県内の博物館第一号として昭和2年(1927)に開館した徴古館
93年を経た建物の1階部分を展示室として、鍋島家伝来品を公開しています

【ご来館の皆様へ】新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします(詳細はこちら)

開催中の展覧会

「佐賀県唯一の国宝と鍋島家の名宝」展
【会 期】 2020年 5月25日(月)~7月25日(土)
【時 間】 9時30分~16時
【入館料】 300円(小学生以下は無料)
【休館日】 日曜・祝日
(ただし7月23日・24日の祝日は開館)

東京と佐賀の地で守り抜かれてきた鍋島家伝来品が14代鍋島直要様より財団へ寄贈されて今年で20年を迎えます。これを機に本展では、佐賀県内唯一の国宝「催馬楽譜」をはじめ、国・県から重要文化財の指定を受けた「名宝」をご紹介します。
この20年間で、新たに9件(17点)が佐賀県重要文化財に指定され、そのうち佐賀の伝統工芸として今に引き継がれる鍋島焼の開発を物語る、江戸時代初期の磁器2件(4点)は国指定重要文化財に昇格しました。佐賀の地で伝えられていく旧藩主家の「名宝」のもつ魅力をご堪能下さい。

※感染症対策のため、予定が変更となる場合があります。
最新情報はこのページでお知らせします。

【イベント延期のお知らせ】
5月30日に予定していた「第19回研究助成 研究報告会」は延期となりました(詳細はこちら)

展示室の様子

 

おもな出品資料

 

 

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る