展覧会

佐賀県内の博物館第一号として昭和2年(1927)に開館した徴古館
93年を経た建物の1階部分を展示室として、鍋島家伝来品を公開しています。
※企画展の開催期間のみ開館(常設展示はありません)

【ご来館の皆様へ】新型コロナウィルス感染症対策へのご協力をお願いします。

開催中の展覧会

 「愛娘への手紙 ―『名君』鍋島直正の素顔」

会期:2020年 11月24日(火)~2021年1月23日(土) 
※日曜・祝日および年末年始(12月27日~1月3日)は休館
時間:9時30分~16時 料金:300円(小学生以下は無料)
1月23日には手紙の解読者によるトークショーを開催!(詳細はこちら)

※感染症予防のため、予定が変更となる場合があります。なお、最新情報はこのページでお知らせいたします。

「名君」と言われる10代佐賀藩主鍋島直正公は、長女貢姫(みつひめ)と13年間にわたり手紙を交わし続けるなど家族想いの殿様でした。愛娘に送った手紙196通をまとめた資料集『愛娘への手紙』の出版記念展として開催する本展では、その中から19通をすべて現代語訳つきで親しみやすく紹介します。このほか、佐賀城大奥を束ねた瀧村(直正公の側室・11代直大公の生母)の小袖を初公開するほか、重箱(貢姫の婚礼調度)葵紋付き銀製銚子(直正公正室の婚礼調度)などもご覧いただけます。大切な人を想うこと、想いを言葉にすることの大切さに気づくことができる展覧会です。
 

おもな出品資料

  
貢姫宛て鍋島直正書簡(うち19通)
父から受取り、貢姫が大切に保存していた191通の手紙。直正公が自らの言葉を自筆で書いた手紙の内容はもちろん、料紙には草花や風景などが刷り表された絵巻紙が多く用いられており、そこには「愛娘への手紙」らしい直正公の高い美意識が感じられます。
(本展では、191通の中から19通をご紹介します。)

関連図書・グッズ

 

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る