2016年4月 小鳥置物

小鳥置物

1基 高さ29.4cm 縦31.5cm 横49.2cm
昭和6年(1931) 13代鍋島直泰 所用   銘 清風

古木に止まる2羽の小鳥の姿に惹きつけられる置物。両足でしっかりと幹を掴み、尾羽をピンと張ったその姿からはどこか緊張した様子が感じられる。一枚一枚の羽毛の流れや、脚の鱗、鋭い爪の先にいたるまで緻密に表されており、近付けば今にも飛び立ってしまいそうなほどに生命感にあふれている。
収納箱の裏に貼られた紙片と紙縒から、昭和6年5月12日の
13代鍋島直泰公と朝香宮第一女王紀久子様のご結婚から間もない同月17日、お二人揃ってご結婚後初の参内をされた折に、大宮御所にて皇太后陛下より拝領したものとわかる。