2013年8月 色絵籠目貼付龍文香炉

色絵籠目貼付龍文香炉

いろえかごめはりつけりゅうもんこうろ
1口  三川内焼ヵ
明治時代初頭頃(一九世紀末期)  高13.0㎝ 口径5.0㎝

龍や籠目の純白な磁肌が器表の赤地と美しい対比を見せる香炉。三川内焼には捻り細工のほか、卵殻手と呼ばれる薄手白磁や、呉須絵を施した白磁染付類に見るべきものが多い。焼造する器種も多く、天保元年(1830)から昭和20年代までは食器類などを海外へ輸出している。本品は赤絵金彩を施しているため有田焼の可能性も考えられるが、精緻な細工が見事である。

展示案内

本品は、企画展「鍋島家伝来 陶磁器名品展」(平成25年8月19日(月)~10月12日(土))に出品します。