第77回展 鍋島家伝来磁器展

 第77回展 鍋島家伝来磁器展

平成28年8月22日(月) ~ 11月12日(土) 

佐賀有田の地で日本初の磁器生産が始まったのは初代藩主鍋島勝茂公の時代、今から400年前のことでした。中国での王朝交代による内乱のため、将軍献上用などに輸入していた高品質な磁器は入手が困難になります。
自ら生産する必要が生じた佐賀藩は、贈答用の高級磁器を作るべく日本最大級の「鍋島藩窯」をスタートさせます。技術・デザインともに洗練を加え、日本で最も精巧といわれる鍋島焼が生産されました。そして明治維新後も鍋島焼・有田焼は、生産体制や生活様式の変化に対応し、多様な作品を生み出しながら発展を続けてきました。
本展では、有田焼・鍋島焼の400年の歴史が育んだ豊かなバリエーションが楽しめる、鍋島家伝来の磁器の名品を集めました。

展示風景

   

 
 
   

 

 

 

↓ 下の写真をクリックすると、各作品の詳細画面にジャンプします

鍋島家伝来磁器展

 

 

出品目録 

※所蔵者はすべて公益財団法人鍋島報效会