公益事業

公益事業概要・組織体系

公益財団法人鍋島報效会は定款の目的に沿い、登録博物館「徴古館」の運営を主体事業として行っています。旧佐賀藩主・侯爵鍋島家からの寄贈資料を中心に約40,000点の資料を収蔵し調査研究を進めるとともに、収蔵資料と研究成果は企画展をはじめ講演会・イベント等で広く一般に公開しています(収蔵資料の一部は、当ホームページ「収蔵品紹介」でもご覧いただけます)。このほか史跡の保存、佐賀に関する研究の助成、また他団体が行う活動の助成を行い、多くの方々が歴史・文化に触れ、学び、楽しむ機会を広く提供しています。

※図枠内の各事業をクリックすると、関連ページをご覧いただけます。

組織体系図

徴古館運営 史跡保存 研究助成 一般助成 展示公開(講演会・イベント等を含む) 調査研究(城下絵図活用事業を含む) 収蔵保管 施設貸与及び保全