2014年6月 古賀穀堂像

古賀穀堂像

こがこくどうぞう
北島兵一筆 昭和初期
一幅 絹本着色 掛幅装  竪68.0cm 横40.8cm

古賀穀堂(1778~1836)は、寛政の三博士のひとり古賀精里の長男として生まれ、文化3年(1806)には弘道館教授に任ぜられた儒学者。蘭学の必要性を早くから唱えるなど、10代藩主鍋島直正の人格・思想形成上もっとも影響を与えた。
文政2年(1819)、42歳の時に6歳の直正の侍講(教育係)となり、儒学だけでなく歴代藩主の年譜や遺訓も学ばせた。日々立派に育ちゆく直正の様子を、成長ぶりが素晴らしく、これだけを楽しみにありがたく過ごしていると記した書簡も残る。直正もまた穀堂から受けた学恩を「海山の如し」と表現しており(漢詩集「超然閣稿」)、強い薫陶を受けたことがにじむ。

 

展示案内

本品は10代藩主鍋島直正公生誕200年記念・第66回展「幕末佐賀 名君誕生」(平成26年5月19日~7月5日)に出品しています。