展覧会

佐賀県内の博物館第一号として昭和2年(1927)に開館した徴古館
94年を経た建物の1階部分を展示室として、鍋島家伝来品を公開しています。
※企画展の開催期間のみ開館(常設展示はありません) 

開催中の展覧会 
①「みんなで選ぶ!鍋島家伝来 きもの総選挙」展
②  鉄道開業150年記念ミニ展示「佐賀藩と蒸気車」 展

会 期: 9月17日(土)~11月23日(水・祝)
休館日:月曜日(但し、祝日の場合は翌平日)
時 間:9時30分~16時(入館は15時40分まで)
入館料:400円(中学生以下無料)

【1階】「みんなで選ぶ!鍋島家伝来 きもの総選挙」 展
鍋島家のお姫様やお殿様が着用していた小袖や裃(かみしも)、能装束など多種多様な装束の中から、選りすぐりの「きもの」たちが「きもの総選挙」に立候補!
候補者は、7月に開催した人気投票で特に人気の高かったもののほか、館長や学芸員が図柄や歴史性などそれぞれの観点で選んだ「きもの」たちです。
会期中、展示室内に設置した投票所やweb上(徴古館ホームページ、SNS)で、あなたの一番好きな「きもの」に投票できます。見どころは人それぞれ。あなた自身の「いち推し」を教えてください!
⇒web投票はこちら

【2階】鉄道開業150年記念ミニ展示「佐賀藩と蒸気車」 展
明治5年(1872)10月14日の鉄道開業から150年を迎えることを記念した展覧会です。
幕末の佐賀藩では西洋の科学技術をいち早く取り入れており、長崎の港を外国船の侵攻から守るため、蒸気船や蒸気機関の研究も行っていました。
本展では、このときに作られた蒸気車の雛形(動く模型)を筆頭に、佐賀藩の理化学研究所「精煉方」での科学技術研究の一端をご紹介します。

 おもな出品資料(きもの展)

 おもな出品資料(蒸気車展)

 

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る