第13回香道体験会

新型コロナウィルス感染拡大の状況を受け、中止とさせていただきます。
 

第13回 香道体験会「初春の香りを楽しむ」 ※中止

仏教とともに中国大陸から日本にもたらされた「香」は、やがて室町時代に「香道」として成立しました。「源氏物語」にちなんだ「源氏香」という遊び方があるように、香道は文学や茶道などの諸芸能と結びつきながら発展します。そして江戸時代には、鍋島家などの大名家にとっても欠かせない文化のひとつになりました。
これにちなみ、徴古館では毎年正月に、本格的な香木の香りを体験できる香道体験会「初春の香りを楽しむ」を開催しており、今年は「三景香」という組香(異なる種類の香りを聞き分ける楽しみ方)を行います。日本三景の海辺に浮かぶ舟の情景とともに4種類の香りを聞き当てる遊びです。

詳細はこちら(PDF)

【月 日】令和4年1月16日(日)
【時 間】①10時※満席②11時 ※満席/③13時 ※満席④14時 ※満席
【場 所】徴古館2階ホール(佐賀市松原2丁目5-22)
【定 員】各回12名
【お点前】志野流香道九州松隠会 椛島 禅徹先生/佐賀香遊会の皆さん
【参加費】1,500円
※当日、会場にて鍋島家伝来の香道具のミニ展示を開催いたします。ミニ展示のご観覧は香道体験会にご参加の方のみとなります。

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る